だいたい難破中

弱いものがさらに弱いものを叩き一番弱いものが死ぬ世界

よっこいしょういちはなぜ許されたのか

blog.livedoor.jp

 

 

dic.nicovideo.jp

 

よっこいしょういちは昭和五十年代当時の日本で流行ったギャグ。

そして今回、唐揚げの残りを横井庄一とするのは先人に対する侮辱! 国賊尾田許すまじ! トラ・トラ・トラ! と怪気炎を吹き上げるネトウヨと、煙を業火に変えて火遊びしたいだけの精神浅薄ネットユーザーたち。

 

よっこいしょういちの場合は、自然発生型で、特定の人物のギャグとかじゃなくて、いつの間にか流行したようですね。昭和50年代といえば、まだまだ戦争当事者たちが社会を支えているくらいの時代なのに、茶化しているわけです。

 

本当に、戦争の恐怖、苦しみ、悲劇を知っている人たちが、よっこいしょういちと言っても怒らなかったのか? ちょっとググってみましたが、有用な情報はなさそうです。やはり、当時流行った、というくらいなのだから、怒りの反応はそれほどなかったのではないでしょうか。

 

では、当時、よっこいしょういちじゃなくて、唐揚げの残りを横井庄一扱いしていた人がいたとしたら……? 酒宴とかだと盛り上がりそうですが、特に流行もせず、批判もされないでしょうね。なにせ、よっこいしょういちが受け入れられていたわけですから。

 

 

そして現代日本。怒り狂うネトウヨと脳みそ底辺ネットユーザーズ。戦争を知らない子どもたちが、戦争を知らない子どもたちを、戦争を語って批判する。

 

しかし、色々な資料に目を通してみると、戦争直後の日本でも広島長崎出身者を「ピカ」と差別してバカにしたり、東日本大震災のときだって、被災者をバカにしていた層はいます。

 

時代の変化も多少の影響はあるでしょうが、浅はかで思慮のない、どうしようもなく愚かな人間というのは、いつの時代でも一定の割合を占めるのでしょう。

 

いずれにせよ、当事者無視で盛り上がるのが大好きな愚かな日本人たち。