だいたい難破中

弱いものがさらに弱いものを叩き一番弱いものが死ぬ世界

日本全国思し召し大会

vergil.hateblo.jp

 

戦争に関する本をいくつか読んで、面白かったのが、アメリカと戦争を始めた本当の理由。

 

『日本はクソ弱いけど、海軍は何十年もアメリカを仮想敵国として毎年、一生懸命軍備拡張(予算を獲得し続けて使い続けた)から、いざ真顔で「海軍ってアメリカとやれんのか?」ってガチトークになったときに、面子からやれないとは言えなかった』

 

これは随分腑に落ちました。

 

たしかに、陸軍と予算奪い合って軍備拡張し続けたんだから、いざというときにやれないなんて言うと、陸軍にディスられるし、もちろん陸軍にしても、そもそも戦う準備を整えてきたんだから、いざというときにできないなんていうと、海軍からディスられるから、言えなかった。

 

あの、総力戦研究所で、全然アメリカに勝てないけど気合いで勝てるから勝てることにしとけ! 2+2=80だ! みたいなクソ体質も、結局、「これまで死ぬほどお金使いまくったんだから、いざというときにできないなんて言えない」という、そういうくっそくだらないバックボーンがあるわけですよ。

 

本当にくだらない、その程度の理由で(もちろん、これだけが理由ではありませんが)、300万人以上の国民が命を落としたわけです。

 

もしもけっこう偉い誰かが、「いやいや、そら一応建前上、仮想敵国アメリカでがんばってきたけど、アメリカとかぜってー無理だからwwww 勝てるはずねーだろwww」みたいに公の場で言ったとしても、そこら辺の血気盛んな青年将校に無事斬り殺されるだけでしょう。

 

熟成された暴走、っていうのは、誰かが止められるものではないのです。

 

本当にボコボコにされ尽くされて、原爆二発落とされて、まだまだピカドンあるよ? ジャップって原爆ドームを一個ずつ各都道府県に作りたいの? 的な雰囲気匂わされて、ソ連が急遽攻め込んできて、いやもうこれ無理中の無理っしょ、みたいにならないと、戦争は止まらなかったわけです。

 

たとえ天皇が、昭和18年に「全然無理じゃん! 勝てるはずないじゃん! お前ら頭冷やせよ!」なんて言ったとしても、止まるはずがないのです。

 

それが当時の、日本国民と、メディアと、軍部と、そして天皇の思し召しなのです。

 

 

産休・育休から復帰しやすい社会って具体的にどうするの?

news.livedoor.com

 

内緒で差別してたことは悪いとして。

 

産休・育休しやすくて復帰もしやすくて女性が活躍しやすい社会って、具体的にどうするんですか?

 

A 産休・育休を考慮して、女性の数を多めに確保する(はい男性差別

B 産休・育休を考慮して、男性の数を多めに確保する(はい女性差別

C 産休・育休をどんどんさせて、労働者の数は変わらない(はい過重労働)

D 産休・育休を考慮して、男女ともに多めに数を確保しておく(はい今まで落ちてたようなレベル低い人材でも医者になれる)

 

どれがいいんですか?

 

少なくともBはフルボッコにされてますが、BがダメなんだからAも共倒れですよね。

Cは研修医と過重労働が合わさって研修医が死ぬし、Dは今まで落ちてたレベルの低い人間が医者になるわけで、そんな医者に命がけの手術とか任せていいんですか?

 

この差別システムがなんで2011年とかいう、ほぼ最近から行われたのか(行わざるを得なかったのか)。その辺考えたほうがいいんじゃないですか?

 

男女平等の果てに、

 

「今すぐ死にそうなので手術しなきゃいけません!」

「○○先生は今産休中なので医者がたりません、手術できないからごめんなさい」

 

が理想なんですか?

 

兵隊とかも男女平等で女性を半数にしてみたらどうなるんですかね(戦地での残虐行為は減るだろうけど)。

 

男女の能力と役割は違うわけですから、何もかも一緒って、無理に決まってるでしょ。何もかも平等な共産主義とかは汚職まみれで労働者のやる気も出なくて非効率に過ぎたわけですし。

 

 

 

少なくとも、文句言うだけ言って、解決策にできもしない理想論ぶちかまして、自分は関係ないからってただなんとかしろよとかほざいてる無能は今すぐ全員死んだほうがいいんじゃないんですか?

 

バカを見る医者の数もそんなに多くないですしね。

 

 

 

世界中の全員がLGBTだったらどうなるの?

katsumakazuyo.hatenablog.com

 

 

多くのLGBTの人たちは、望もうが望むまいが、結果的にはフリーセックスを楽しんで人口増加には貢献しないのは事実で、でも福利厚生はちゃんと享受する必要がある(と、当事者たちは確信している)。

 

 

もしも世界の全員がLGBTだったら、人類が滅んでしまうので、より地位の低い人が、強制的に子作りさせられるディストピアになりそうですね。

 

ですが、LGBTの人たちとしては、そんな、生産性などの物差しで評価することは人権無視でナチスドイツと同様のありえない蛮行、ということなので、では人類は滅びるしかないのでしょう。

 

 

 

100%ダウン症しか生まない主婦がいたとして、ただただ子沢山の家庭に憧れて、ただただダウン症の子供を10人産んだとしたら、それは多様性のある社会に貢献する立派な行為なのでしょうか。

 

 

news.yahoo.co.jp

 

50歳を超えた生産性のない引きこもりたちの面倒を見るのは、少子化日本で生まれる子供たちで、今のLGBTの人たちの老後の面倒ももちろん見ることになるのでしょう。

 

引きこもりで働けない人たちも、多様の中の一様なので、何も問題はありません。

 

なので、子供達が将来、何も成さなかった引きこもりたちの面倒を税金によって負担することは当然の務めで、多様性のある社会の実現のためには当たり前のことで、誰もが諸手を挙げて賛成すべき、良いことなのです。

 

本当にそうなのでしょうか?

 

多様性を認め続けると、その先には何が実現されるのでしょうか。

 

生産性を一切評価しない社会の先には、何が実現されるのでしょうか。

 

本当にユートピアになるとは、なぜか、思えないのですが。そう思ってしまうこと自体が、優生思想に基づいた誤った観念があるからなのでしょうか。

死刑があってもなくても変わらないものがある

www.yaserucola.com

 

厳密にいうとブラジルとかは
「戦時下の軍部の重大犯罪以外は死刑廃止
なので完全に廃止されているわけではないが、
一般国民には適用されていないので廃止と考えて良い 

 

ブラジルって死刑禁止なんですね。グロサイトとか見てると分かるんですが、

 

「ブラジルの刑務所で、ペドフィリアの囚人が、他の囚人からリンチされてぶっ殺される動画」

 

なんてのがそこら中にアップロードされています。

そういった行為が、現地の人たちにどう認識されているのか知りませんが、

 

「ブラジルの刑務所で、ペドフィリアの囚人をぶっ殺した囚人がリンチされてぶっ殺される動画」

 

というのは見たことはないので、それなりに必要悪というか、発展途上国のよくある牧歌的風景として受け入れられているのではないでしょうか。

 

で、そういったことを全く知らない、世界が暖かくて優しいものだと思えてしまえる想像力貧困極まる一部の人権派が、

 

「ブラジルは死刑廃止の国! 日本は遅れている!」

 

みたいなことをほざいてたとしても、そら死刑は廃止されているのかもしれないですが。しかし、結局のところ、

 

「やりすぎたらぶっ殺されるよ(ぶっ殺されても仕方ないよね)」

 

っていう、プリミティブな、人間の奥底にある因果応報精神はなくならないのです。

 

もちろん、北欧の一部の人権先進国なんかは、死刑廃止をした上で、刑務所内の環境もリラックスできるものなのかもしれませんが、それは、少ない国民と小さな土地と恵まれた経済力という三拍子が揃っているから実現できていることなのではないでしょうか。

 

大半の人権派とか、人道主義者とか、そういう連中は、自分が恵まれていてただ生きてるのが幸せだから、世界の、一見すると理不尽なことが、信じられないのでしょう。

 

恵まれていてただ生きているのが幸せで、一応、その余裕を他者への配慮に使うだけ、まともなのかもしれませんが、いい迷惑というか、現実との乖離がひどいというか。

 

それでも、こうした衝突を経て、人間社会全体としては少しずつ良くなっていくのかもしれませんが。

 

ですが、残念ながら地球に無限の資源があるわけではないので、余裕がある環境を地球上すべてに築くのは無理だから、しょせん無理なのでしょうね。

 

 

「社員同士の2次会は妨げないが、上司による強要はだめだという。」

www.asahi.com

 

社員同士の2次会は妨げないが、上司による強要はだめだという。 

 

結局、社員同士の二次会に来なかったり、上司による強要じゃない二次会に来なかった奴は「ああ、そういう奴なんだな」って思われるわけですよ。

 

さらに言えば、一次会すら来ない奴もたまにはいるわけで、そういう奴はやっぱり元よりアウト。下戸だろうがなんだろうが、一次会は来いよという熱い圧力。

 

そして、一次会または二次会行かないそういう奴らとしては、「そうですよ、私はそういう奴ですよ」で終わりで、結局壁は埋まらないわけです。

 

だいたい、強要は禁止というのも酔っ払っている連中にそんな判断はつかないだろうし、判定の審判員でも同行させるつもりか?

 

もう

 

「社員同士の二次会も禁止、上司ももちろん必ず帰宅すること。」

 

くらいのルールじゃないと、無意味。

 

 

でもそんなルールだと、純粋に飲み会好きな人たちが不公平を被るから、結局こういう、「今も昔も変わらず空気読めよ?」みたいな落とし所のクソルールが生まれて、実際の当事者たちは今までとほとんどそんなに変わらない日々を過ごすわけです。

 

それをおめでたい頭で「働き方改革です!」みたいに発表して喜んでるけど、結局、ノー残業デーにタイムカードをさっさと切って残業するみたいな当たり障りのない感じ。

 

そうそれが、日本社会なのです。

とにかく「ベルリン陥落1945」を読んでおけばいい

 

gendai.ismedia.jp

 

僕の大好きなヒトラーおじさん。

 

ヒトラーおじさんのおかげで第一次世界大戦後にドイツは急速に復興して、強国に返り咲いて、国民はみんな大喜び。「すべては総統のおかげだ!」みたいなスローガンが書かれた看板がたくさん作られたらしいです。

 

そしてほんの10数年後には、ドイツは第二次世界大戦アメリカとソ連からボコボコに国土を蹂躙されて、東からソ連兵がアーリア娘をレイプしまくって、西からアメリカ軍が空襲でドイツを廃墟にしまくって、死に体のナチスは怯える逃亡兵を勝手に処刑しまくってまさしく地獄絵図。

 

そして死体と廃墟の中で「すべては総統のおかげだ!」と書いてある看板だけが残っている。そう、すべては総統のおかげなのだ。

 

という究極のブラックジョークが出てくる「ベルリン陥落1945」。この本面白いんでぜひ読んでください。

 

www.amazon.co.jp

 

 

 

あと、このブログもおすすめです。

 

ritsukoguenther.hatenablog.com

 

なんか最近の投稿は小説チックになりすぎているけれど、初期の投稿は、まさしく敗戦間際のドイツの断末魔と悲劇と、そして母親の強さが十分に描かれていてとても面白かったです。

 

 

国が崩れる、という究極の異常事態に陥ったとき、女性の気持ちの切り替えの速さ、男性はしばらくノックダウンしたまま、みたいな描写が、「ベルリン陥落1945」にも、上記のブログにも描写されていて、興味深かったです。

態度の良い40代無職なら救われるなんて中途半端な希望を与えるなよ

anond.hatelabo.jp

 

態度の良い40代無職がいたとしてですね。

 

男なら、助けを求める態度の良い40代無職と、助けを求めてるけど態度の悪い20代のホットな姉ちゃんが隣りにいたら、当然ホットな姉ちゃんのほう助けるよね?

 

女なら、助けを求める態度の良い40代無職と、助けを求めてるけど態度の悪い20代の高身長イケメンが隣りにいたら、当然高身長イケメンを助けるよね?

 

そもそも、40代無職を助けるとしたって、せいぜい数万恵むか、介護か清掃かタクシードライバーの仕事を紹介するくらいですよね?

 

それで、せいぜい年収250万未満で、生きていく態度の良い40代無職。それって、「救われた」んですかね?

 

まあ確かに、40代無職のリカバリとしては、それでも十分救われたのかもしれません。けど、その程度ですよね? たしかに救われてるんですが、実際には救われたっていうか、事件起こさないだけ、死なないだけですよね?

 

人生まだまだなんとでもなる20代無職の救われる、とは、レベルが違います。

 

中途半端な希望を、40代無職に与えないでください。救われないです。

 

40代無職なんか、基本的には価値は一切ないです。

 

せいぜい年収250万未満で、一生独身最後は孤独死。それくらいですら最大値なのが、40代無職なんです。

 

それを受け入れて、生きるしかないんです。

 

なにせ、年収250万未満でも、便利な道具、おいしい食事、病気にかかっても医者がいる。

そう、それですらが、歴史上類を見ないくらい、最高に恵まれた生活なのですから。